【最新刊】警視庁情報官 ノースブリザード

警視庁情報官
お得7冊

濱嘉之

842円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「平壌放送の乱数表が複雑化している」米朝の熾烈なせめぎ合いの裏で何が起きているか。「同胞の協力関係を生かせ」という北朝鮮の世界規模の侵攻とどう戦うか。札幌、秋葉原、そしてシリコンバレー。独自の哲学に基づき警視庁内で圧倒的な存在感を放つ調査官・黒田純一が攻める! 不透明ないまを生き抜くためのエンターテインメント。シリーズ累計90万部。公安出身の著者による唯一無二のインテリジェンス小説、最新刊。

続きを読む

レビュー

3.1
8
5
0
4
4
3
1
2
3
1
0
レビュー投稿
  • 2019/03/05Posted by ブクログ

    20190303-26いつも新しいプロットがよく思い浮かぶなあと感心する。でも解決パターンはいつも同じだ。チョット飽きて来た。

  • 2018/05/27Posted by ブクログ

    日銀総裁からの極秘電話に警察庁幹部は震撼する。廃棄に回したはずの古紙幣千五百億円が、溶解処分されずに忽然と消えたというのだ。複数のコンビニATMから巨額の金が不正に引き出される事件も発生。二つの事件捜...

    続きを読む
  • 2017/12/19Posted by ブクログ

    日銀の古札 1500億円が 行方不明になった。
    200ヶ所以上のコンビニATMから 18億円が引き出された。

    ふたつの事件を 3年間 情報の研修していた黒田純一は
    警視庁に新しい組織 情報室の室長に...

    続きを読む
開く

セーフモード