【最新刊】カナリア恋唄 お狂言師歌吉うきよ暦

お狂言師歌吉うきよ暦
4冊

杉本章子 深井国(イラスト)

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    頬に傷痕のあるお吉は押しも押されぬお狂言師。お小人目付けの日向新吾と互いに想い合う仲だが、日向には縁談が持ち上がる。弘化五年、赤坂御門外での事件から、将軍の寵愛をほしいままにしているお琴の様方をめぐる、女子同士の色模様という、面妖な企てが浮かび上がってくる。はたしてお吉の想いは届くのか、そして大奥の謀議は明かされるのか。文字通り我が身を削って書き継いだ著者渾身の遺作、抜群の面白さ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/03/18
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/07/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/07/30Posted by ブクログ

      あと一話、最終話を残して逝ってしまわれたのか。「といちはいち」の事件はどう決着するつもりだったのだろう。それよりも日向と歌吉にはインタビューでの予告通り、悲しい結末が用意されていたのか。作中人物の命は...

      続きを読む
    • 2016/04/07Posted by ブクログ

      その才能と美貌のために、仲間から嫉妬され顔を傷つけられてしまった主人公。
      迷いながら生きてきた道は、女にしては過酷である。
      光が見えてきたような気もしていたのだが、哀しい結末を考えていたということなの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード