大江戸人情花火

稲葉稔

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    花火職人清七に降って湧いた鍵屋の主・弥兵衛からの暖簾分けの話。なぜ俺が、と考える暇もなく、職人を集め、火薬を調達し、資金繰りに走る。お披露目は夏の大川だ。女房と二人三脚で暖簾を大きくした清七は、玉屋市兵衛と名乗った。大輪の華ひらく一瞬に、すべてを賭けた江戸っ子の心意気が沁みる感動の一代記!

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2012/05/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/07/18Posted by ブクログ

      一人の男とその女房の花火にかける物語
      鍵屋の妾の子、清七(玉屋市兵衛)と女房おみつの微笑ましい展開である。全体に大した悪人も出ないが色々な展開が鏤められていて、興味深く読める。
      最後の最後までまじめな...

      続きを読む

    セーフモード