天翔る鳥のように

仙道はるか

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    ここから一歩外に出たら、僕たちは異端だよ。姉さん、俺にこの人をくれよ。――匡之の舌が、自分の指に滲んだ血をなめ取る感触に、音也は目尻を紅く染めながら眉を顰める。「……僕の、血が」呟きながら見上げれば、匡之は確かな欲情のこもった瞳で、音也の顔を見つめていた。(僕らは二人とも、お互いを欲しがっている……)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード