日本人の自伝67 勝小吉 『夢酔独言』

勝小吉

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    勝小吉は、のちに江戸城無血開城を実現した勝海舟の父。旗本の妾腹の子として生まれ、生涯に二度の出奔をし、喧嘩や道場破りを繰り返す不良旗本であった。結局無役のまま、37歳で息子の麟太郎(海舟)に家督を譲って隠居した。《夢酔独言》には、42歳にして人倫の道を少し知った本人が、「これまでの所行がおそろしくなった」と末尾に記しているが、そんな八方破れな著者の人生が、何のてらいもなく生き生きと描かれた傑作である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード