日本人の自伝66 松平定信 『宇下人言』

松平定信

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    松平定信は、八代将軍徳川吉宗の孫で、奥州白河藩主として天明の大飢饉を乗り切って藩政を立て直した。のちに、田沼意次の後を受けて江戸幕府の老中首座となり、寛政の改革を行った。《宇下人言》は、明治時代に入り、松平家に秘蔵されていたのを発見され、定信の没後100年を機に刊行された。将軍の一族で、幕府の要職にあった人物が、その治績を記録した自伝という点で、大変貴重な資料である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード