【最新刊】Under the Rose (10) 春の賛歌 【電子限定おまけ付き】

Under the Rose
10冊

船戸明里

899円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

19世紀後期の英国。ロウランド伯爵の正妻アンナにとって、家とは、夫とは、子とは、そして、妻である自分とはなんであったのか…。虚飾と過ちによって彩られたベールにこもり続けたアンナは、突きつけられた実相に狼狽し妄動を繰り返す。そも罪深きは誰であったのか――。寄る辺を失った彼女は救いを求め彷徨う。そして、ついに……。電子限定おまけ付き!!

続きを読む
  • Under the Rose 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    Under the Rose 全 10 巻

    6,998円(税込)
    69pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.5
203
5
132
4
59
3
12
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/01/11Posted by ブクログ

    ここまでがっつり固め盛り上げて通るのが凄い
    とてつもない演出過多

    なお中身には関係ないが「あんざろ 2」で検索したら出てきたのにはにっこり
    あまぞんたまにはやるじゃん

  • ネタバレ
    2018/07/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/04/16Posted by ブクログ

    アンナの破滅への巻。
    もう明らかに病気だから、アンナさんにはゆっくり休養してほしい。でも統失ならあの時代だと良くなるのも難しいんだろうなぁ。

開く

セーフモード