消えた戦国武将

著:加来耕三

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    その城は、一夜で地中に没した!天正13年11月29日、難攻不落を誇った奥飛騨の帰雲城は、突然起こった大地震による山津波にのまれ、城主・内ヶ嶋氏理と一族郎党500余名と共に地中に没した。一片の異物も発見されず、城のあった場所も特定されぬままに、帰雲城はやがて、その存在すら忘れられていった。この戦国最後のミステリーを解き明かすべく、歴史家・加来耕三が現地に飛んだ――。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード