【最新刊】ふぉっくすている? (6)

ふぉっくすている?

6冊

著:冬木冬樹 イラスト:犬洞あん

626円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    風邪をひいた凪をナース服で看病(?)する橘だが、火車や木花、鵺たちもやってきて騒々しい。そもそも火車がやってきたのは殺生石について話をするためだという。ぬらりひょんが集めていた殺生石は妖怪の妖力を吸い出して溜め込む習性を持ち、呪具として身につけた者の妖力を強化する力がある。火車や鬼九条が暴走した際に強力になったのもこのためらしい。しかし橘たちの看病合戦の的になった凪は風邪を悪化させてしまうのだった。そんな折、橘の元婚約者だった狐の須磨が現れる。波乱の中、凪は――!?ほのぼの妖怪スクールコメディ・感動のフィナーレ!

    続きを読む
    ページ数
    484ページ
    提供開始日
    2012/12/04
    連載誌/レーベル
    MF文庫J
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • ふぉっくすている? 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ふぉっくすている? 全 6 巻

      3,756円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/08/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/11/01Posted by ブクログ

      妖狐:九尾の狐伝説で有名な妖怪。人間には大抵美女に化ける。
      幼狐:一字違うだけなのに大違い。本作では文字通り幼女に。

      間違った感想と言うか、解説ではないはず(笑)

      「人間」らしく生きることを選んで...

      続きを読む
    • 2010/10/27Posted by ブクログ

      典型的な落ちものハーレムに俺つええー系をプラスした感じ。
      でも私結構好き。橘かわいい。あー、狐っ娘が好きなんだな、自分。キャラに萌えられればおすすめ。

    セーフモード