ハンガー・ゲーム (下)

著:スーザン・コリンズ 訳:河井直子

463円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    第74回「ハンガー・ゲーム」が始まった。ゲームは逐一、全パネムにテレビ放映される。2日後、カットニスは奇跡的に生き延びていた。そして、突然のルール変更が行われる──「同地区の贄がふたりとも生き残った場合、両者とも勝者とする」。カットニスは必死でピータを探す。最終決戦のときは、刻々と近づいていた。果たして勝者は──。

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      ドキドキしながら読んだ
      映画見てから原作やったからイメージしやすかった
      ピータの足がビックらこいたやったな

    • 2016/04/20Posted by ブクログ

      とうとう始まる「ハンガーゲーム」
      このゲームは単なる行事ではなく、中央の退廃した人々にとっては、ドラマチックで残酷なわくわくする物語。出場者の生い立ちや恋愛なども加味されて、その人気によってはスポンサ...

      続きを読む
    • 2016/01/11Posted by ブクログ

      下巻はハンガーゲームが中心なので退屈することなく読めましたが、こういう本はあまり読まないので深読みしすぎて(ルーやキツネ顔が実は実力者ではなどと予想したけど普通に噛ませ犬だったみたいな感じで)、がっか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード