狙うて候 (下)

東郷隆

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幕末・明治の戦乱を駆け抜けた男の生涯!江戸でイギリス式の操銃法を学んだ村田勇右衛門は薩摩藩砲術師範役として「村田流」を名乗る。しかし、倒幕に動いた薩摩藩は兵を挙げ、勇右衛門も外城士一番隊を率い、鳥羽・伏見から長岡、会津へと転戦する。維新後、薩摩領内の若者に射撃術を広めていた勇右衛門だが、西郷隆盛とともに上京、日本独自の新銃開発に挑む。近代「もの作り」の元祖を描ききる渾身の巨編!

    続きを読む
    • 狙うて候 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      狙うて候 全 2 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2016/05/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/09/17Posted by ブクログ

      本作の解説に「作者の代表作であるに留まらず、平成を代表する時代小説」というような評も在る。私はそれに賛成したい。何れかの陣営に必要以上に肩入れするでもなく、淡々とした感じながらリアルに、戊辰戦争の激し...

      続きを読む
    • 2014/09/17Posted by ブクログ

      本作は明治時代に“村田銃”と呼び習わされた小銃を設計し、自身も射撃の名手として高名であったという村田経芳を主人公に据えた大河ドラマだ。

      本作の冒頭は、スペイン旅行をした作者が、思わぬ型で“ムラタ”と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード