【最新刊】逃げろ光彦

逃げろ光彦

内田康夫

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    レストランで隣り合わせた女性が忘れていった携帯電話を、ふとしたきっかけで手にした浅見光彦は、メッセージのなかに奇妙な暗号のようなものが書かれているのに気づいた。さっそく、軽井沢のセンセと共に、解読を試みるものの、なかなか判読できない。光彦はもう一度レストランを訪ねたが、なぜか店を出たところで何者かに追いかけられることに……あわてて軽井沢のセンセがカンヅメになっているホテルに逃げ込んだ光彦を待っていたものは、そのレストランの従業員が殺されたというニュースだった。書き下ろしの表題作を収録した話題の作品集。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/12/07

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      内田康夫にはめずらしい短編の5作品、めずらしく色っぽい描写がある作品でもあります。
      浅見光彦が登場するのはラストの1作だけです。
      短編のテンポよさがあっておもしろかったです。

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      借本。
      短編集で、光彦が出てくるのは最後だけって…(笑)
      艶っぽい描写もあるけど、グングン惹きこまれてサクッと読めました。

    セーフモード