【最新刊】十津川警部捜査行 愛と哀しみの信州

十津川警部捜査行 愛と哀しみの信州
1冊

西村京太郎

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

白鳥に魅せられた写真家は白鳥と心中したのか?遠くシベリアの地から白鳥が飛来する初冬、信州松本に近い「白鳥の湖」の畔で、ひとりの写真家が首を折られた一羽の白鳥とともに死んでいた。その一カ月後、男の友人のカメラマンが、東京の自宅で血みどろの死体となって発見された。ふたつの事件に関連はあるのか?はじめは病死として処理されていた写真家の死に疑問を持った十津川警部は、直ちに松本に飛んで、事件の真相を探る!

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード