おはぐろとんぼ

宇江佐真理

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    父親の跡を継ぎ、日本橋小網町の料理茶屋で料理人を勤めるおせん。上方で修業をし、新しくおせんの親方になった板前の銀助と、上方の料理を店に出すことを嫌うおせんとはたびたび意見が食い違う。そんないらいらした気分の日々が続くとき、おせんは、店にほど近い稲荷堀の水を眺めて心をしずめていたが、ある日湯屋で銀助と娘のおゆみと鉢合わせしたことから心に小さな変化が――。仕事一筋に生きてきた女に訪れた転機と心模様を描く、表題作の「おはぐろとんぼ」、伯母に女手ひとつで育てられ、薬研堀近くの薬種屋に奉公する豊吉に降ってわいた縁談話とその顛末が哀しくもせつない「ため息はつかない」、前世に「夢堀」という名の堀のそばに住んでいたと語る弟と姉の触れ合いが涙を誘う「お厩河岸の向こう」、そのほか油堀、源兵衛堀、八丁堀などを舞台に、江戸下町で堀の水面に映し出される、悲喜交々の人情のかたち六編。江戸市井小説の名手が描く感動の傑作短編集です!

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/12Posted by ブクログ

      江戸下町に生きる様々な人々が、それぞれに抱える事情を隠しながら、一生懸命生きる6つの短編集です。
      それぞれが、自分の幸せより、身近な親や子、そして兄弟たちを想う姿に、なんとも言えない優しさと切なさを感...

      続きを読む
    • 2011/08/27Posted by ブクログ

      江戸下町が舞台の、義理と人情味あふれる物語6つ。死んでも死んでもお姉さんの家族となって見守る弟の深い情にほろり、お金にだらしのないどうしようもない兄にやきもきする家族と、切ろうとも切れない弟のはがゆい...

      続きを読む
    • 2011/07/06Posted by ブクログ

      言わなくていいことを言ってしまったり、言わなきゃいけないことを言えなかったり。
      訊きたいことが訊けなかったり、聞きたくもないことを聞いてしまったり。
      そんなことをくりかえしながら、みんな日々を一所懸命...

      続きを読む
    開く

    セーフモード