【最新刊】日本人の自伝45 木村艸太 『魔の宴』

日本人の自伝45 木村艸太 『魔の宴』
1冊

木村艸太

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

随想家・小説家の木村艸太は、異様な「家庭」に育った。実業家であった父は、正妻のほかに多数の愛人を設け、合計30人もの異母子を産ませたのだ。妾腹の子であった艸太は、やがて異母妹の清子との間に、禁断の愛を育むようになる……。《魔の宴》には、著者自身の精神の苦しみのほか、異母兄弟たちの波瀾の人生も克明に描かれている。また、著者の文壇における多彩な交遊関係も描かれており、文壇裏面史としても読むことができる。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード