【最新刊】日本人の自伝43 田山花袋 『東京の三十年』

日本人の自伝43 田山花袋 『東京の三十年』

田山花袋

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    田山花袋は群馬県に生まれ、幼い頃に父が死亡したため9歳で丁稚奉公に出るなど、苦労して育つ。日露戦争の従軍記者を務めた頃、自然主義文学に目覚め、小説『蒲団』によって島崎藤村と並ぶ自然主義文学の代表作家となった。《東京の三十年》は、著者の小説にもみられる感傷・詠嘆調で語られた自伝であり、また、明治中期から大正初めにかけての文壇史と、東京を中心とした地域の風俗資料としての価値を併せ持っている。

    続きを読む
    ページ数
    198ページ
    提供開始日
    2012/11/23
    連載誌/レーベル
    日本人の自伝
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード