日本人の自伝41 正宗白鳥 『文壇的自叙伝』

正宗白鳥

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    正宗白鳥は、岡山県出身の小説家、劇作家、評論家。新聞記者を経て本格的に作家活動に入り、日露戦争後の青年像を描いた小説『何処へ』で自然主義文学に新境地を切り拓く。昭和期は主に評論家として活動し、小林秀夫との間で論争を繰り広げた。正宗白鳥にはいくつかの回想記があるが、《文壇的自叙伝》は文字通り、著者と文壇にまつわる内容を中心にまとめられている。淡々とした筆致で語るなかに、無類の面白味が感じられる稀有な書といえる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード