【最新刊】日本人の自伝40 吉川英治 『忘れ残りの記』

日本人の自伝40 吉川英治 『忘れ残りの記』

1冊

吉川英治

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    吉川英治は、『宮本武蔵』『三国志』『新・平家物語』などを著し、大衆小説・時代小説の第一人者として長く活躍した小説家である。神奈川県に生まれ、父の事業失敗のため高等小学校を中退し、以後貧苦の中で各種の職を転々とすることとなった。《忘れ残りの記》は、著者が小説家として本格的にデビューする前、両親を相次いで亡くした30歳までの回想である。貧苦の中で打ちのめされそうになりながらも、懸命に生きる姿が描かれている。

    続きを読む
    ページ数
    237ページ
    提供開始日
    2012/11/23
    連載誌/レーベル
    日本人の自伝
    出版社
    平凡社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード