日本人の自伝39 長谷川伸 『ある市井の徒』

長谷川伸

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    長谷川伸は、横浜出身の大衆小説家・劇作家。幼い頃に母と生き別れになり、家業不振のため少年時代から土方等さまざまな仕事を経験。1922年に発表した『天正殺人鬼』が菊池寛に認められ、以後、次々と話題作を発表する。後進の育成にも尽力し、主宰した勉強会には、池波正太郎や西村京太郎らがいた。《ある市井の徒》は、生き別れた母への思慕の念に貫かれており、また、著者が出会ってきた請負師や遊女たちとのエピソードが生き生きと描かれている。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード