日本人の自伝37 二葉亭四迷 『予が半生の懺悔』

二葉亭四迷

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    二葉亭四迷は、日本の言文一致運動のさきがけとなった長編小説『浮雲』を発表し、翌年には、ロシアの文豪・ツルゲーネフの『あひびき』『めぐりあひ』等の翻訳を発表して、一躍脚光を浴びた小説家。江戸市ヶ谷の尾張藩上屋敷で生まれた。《予が半生の懺悔》は談話筆記として発表された短編で、著者の思想変遷のスケッチである。『浮雲』の背景をはじめ、小説家・二葉亭四迷のさまざまな面を知るための貴重な資料である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード