【最新刊】日本人の自伝34 大川周明 『安楽の門』

日本人の自伝34 大川周明 『安楽の門』
1冊

大川周明

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

大川周明は、戦前の代表的な国家主義者、右翼思想家。山形県出身。北一輝や満川亀太郎らとともに、国家主義運動の結社「猶存社」を結成した。敗戦後にA級戦犯に問われたが、精神異常を理由に免訴となった。《安楽の門》は、「思うがままに道草を食いながら」綴った、波瀾に富んだ著者の全生涯の回想であり、主として自らの宗教的生活の回顧が語られている。著者の内面を克明に記した記録として、興味深い一篇である。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード