日本人の自伝26 河上肇 『自叙伝 抄』

河上肇

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    河上肇は、マルクス主義経済学者。山口県出身。京都帝国大学教授の職を辞した後、共産主義の実践活動に入った。日本共産党に入党後に逮捕されて入獄するも、非転向を貫いた。《自叙伝》は経世済民の志を抱いた著者が、自己と社会・国家との間に緊張感を持ち続けながら自らの思想を成長させ、行動を伴わせていった軌跡が、見事な自己観察によって描きつくされており、自伝文学中の白眉とされている。本書はその抄録である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード