日本人の自伝2 渋沢栄一 『雨夜譚』

渋沢栄一

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    「日本資本主義の父」といわれる渋沢栄一。武蔵国榛沢郡の豪農の家に生まれ、尊王攘夷の志士から幕臣、新政府官僚を経て実業家となり、第一国立銀行や東京証券取引所など種々の企業の設立・経営に携わった。一見、一貫性のない人生を歩んできたように見えるが、自伝《雨夜譚》からは、ブルジョア的発展を志向する豪農の論理が一貫して流れていることを読み取ることができる。日本の資本主義を形づくってきた男のエネルギーが伝わってくる自伝である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード