りこん猫

石田敦子

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

アビシニアンのちゃい丸を飼い始めたのは、私がひどい流産をした半年後だった…。かりんは真冬に大学構内に捨てられていたところ、動物病院に保護されていた猫だった――猫と人との出会いと日常の軌跡、時に苦い別れを描いた石田敦子のエッセイコミック。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2009/03/01Posted by ブクログ

    作者さんのホームページでは、ちょくちょく出てくるユキ(柴犬)のお話ではなく、猫のお話。
    楽しくもアリ哀しくもアリ。時の流れを見れます。そして、皆さん大人だなぁ。と。

  • 2012/05/21Posted by ブクログ

    生き物を飼うということは、その一生を共に生きるということ。うちの20年ともに生きたネコのことを思い出してホロリとしました。

  • 2009/10/15Posted by ブクログ

    彼氏と猫を飼っています。
    もし別れた後に、うちの子にもしもの時があったなら。
    自分ならどうするだろう?

開く
[{"item_id":"A000073968","price":"550"}]

セーフモード