誘惑という名のゲーム

エリザベス・パワー 翻訳:南亜希子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    いったいなんの用なの?もう過去はすべて忘れたというのに。3年前に夫を亡くしたシエナは、義兄が訪ねてきたことに驚いた。義母アヴリルが病気なので、孫娘のデイジーに会わせたいというのだ。亡き夫の兄で、大会社を経営する義兄のコナンは、以前からシエナを“浮気性で金遣いの荒い悪妻”と決めつけていた。一方シエナも、夫が助けを必要としているときに手をさしのべてくれなかったコナンに今も不信感を持っている。それなのになぜか、彼を前にすると心臓が早鐘を打ち始める。結局シエナはコナンに押しきられ、アヴリルのいる南仏の別荘でひと夏を過ごすことになるが……。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/11/21Posted by ブクログ

      インストラクターをして娘を育てているシエナ・ライダーと、故夫の異母兄で経営者のコナン・ライダー。夫の死亡時に悪妻と思われ音信不通だったが、3年ぶりに連絡してきて…。

    セーフモード