超訳百人一首 うた恋い。4

著者:杉田圭 監修:渡部泰明

1,045円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

シリーズ累計70万部突破!!『超訳百人一首うた恋い。』4巻で描かれるのは、紀貫之、小野篁、阿倍仲麻呂、壬生忠岑、菅原道真の恋と人生。激動の時代を真摯に生き抜いた、男たちの恋の結末は――。

続きを読む
  • 超訳百人一首 うた恋い。 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    超訳百人一首 うた恋い。 全 7 巻

    7,755円(税込)
    77pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(46件)
  • 2013/12/19

    前巻に引き続き。

    どの話も切ない……のは言うまでもないとして、うた恋いシリーズはそういったままならぬ恋以外に、人生の無常感みたいなものが根底に流れている気がする。
    どの巻でもそれとなくはあったけど、...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2013/12/13

    いつものメンバー(業平、小町、康秀など)が全くと言っていいほど出てきませんが、小町の叔母である比右子、また今までにもチラホラ登場してきた紀貫之が出てきます。今回のメインは紀貫之と、その幼馴染・椿のお話...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2017/06/24

    とうとう最終巻。かなしい。うた変はどんな話なんだろ?

    藤原氏の名が高まるにつれて消えていった氏族たちの、和歌をめぐる短編集。

    紀貫之が最後に池を眺めているシーンで羽織っているのは、再会した時の椿が...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード