【最新刊】超訳百人一首 うた恋い。【異聞】うた変。2

超訳百人一首 うた恋い。
7冊

著者:杉田圭 監修:渡部泰明

1,080円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

小野篁と比右子の初夜、壬生忠岑と満子の「別の物語」、紀貫之と椿の昔話、小野小町・在原業平・文屋康秀の珍道中、貞明と綏子の愛情夫婦生活、清少納言の恋愛遍歴、紫式部と藤原公任の宮中ライフ、藤原定家と式子内親王の一夜……などなど、抱腹絶倒&感動のスピンオフ!笑いと涙でハンカチ必須。どの巻からでもお読みいただける本編『うた恋い。』シリーズ同様に、この巻だけでも楽しめます。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4
71
5
25
4
29
3
15
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/04/11Posted by ブクログ

    「既刊分を全て読み終えたら、『うた変。』だろう!」と思い、読む。
    本編では語られなかった小ネタやら、現代要素が混ざったギャグが多く、本編の『うた恋。』で切なくなった心が、一転して爆笑に変わる。杉田さん...

    続きを読む
  • 2019/04/08Posted by ブクログ

    『何かにならなきゃ ボクは自分が生まれた意味に辿りつけない。』
    作中での紀貫之のセリフです。好きな人の愛の言葉を、誰しもが持ってる「偉くなりたい」「尊重されたい」という欲で突き放します。これが、ずっし...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2019/01/18Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード