【最新刊】ロマンスの箱庭

ロマンスの箱庭

伊東七つ生

764円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

――「彼」のような作品がつくりたい。ここは美術や工芸などを作るために創られた、寄宿舎つきの専門学校。普通科に通うマサタカは、課題が「ロマンス」の『箱庭』制作に奮闘していた。スランプを抱える中、頭を過ぎるのは、マサタカに大きな影響を与えた「彼」…国立ひろみの作品。幾何学的、それでいて感情が溢れ出すような彼の芸術は、普段は隠されている意志の強い瞳やミステリアスな容姿もあいまって、マサタカの心を強く惹きつけるのだった。表題作「ロマンスの箱庭」他、「先生の植物学」「魔術のあとさき」など4編の圧倒的世界観・伊東七つ生が紡ぐ、ただ一つの叙事詩――

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
196ページ
提供開始日
2012/09/28
連載誌/レーベル
f-book comics
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2012/02/18Posted by ブクログ

    どの短編も独特の世界観で、BL漫画を読んでいるよ言うよりファンタジー漫画を読んでいる感が強かった。世界観がしっかり作り上げられているので入り込めておもしろい。絵も繊細で綺麗!BLの雰囲気を匂わして終わ...

    続きを読む
  • 2012/08/08Posted by ブクログ

    同人誌の時から追いかけてた作家さんなのですが、相変わらずうつくしい絵を描かれる方です。でもBLという感じはしませんでした。観賞用。

  • 2014/01/18Posted by ブクログ

    コミックスは滅多に積むことがないのに、今まで読むのを後回しにしていたのは、その頃に読みたかったBLにもれなく入っているエロの部分を描かない作家さんなんだろう、と表題作を読んだ時点で判断してしまったから...

    続きを読む
開く

セーフモード