【最新刊】釘拾い

釘拾い

作画:森田悠 原作:藤田雅矢

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    石像寺の釘抜き地蔵は「釘抜きさん」と呼ばれ、様々な痛みや苦しみを抜いて楽にしてくれるところから、古くは「苦抜地蔵」として京の人々に親しまれた。地蔵盆に帰ってきた昌章は、釘が昔から恐かった。本堂わきの休憩所で高見酒店のおじさんと会ったことから、その日の夜、町の中にぽっかりと口を開けた異界に足を踏み入れる。それは、夜の3時だというのに湿った空気がまとわりついてくる熱帯夜の出来事だった。京都を舞台にしたモダンホラーの傑作選、絵ものがたり版「京都宵」の一篇。

    続きを読む
    ページ数
    68ページ
    提供開始日
    2012/09/14
    連載誌/レーベル
    絵ものがたり版異形コレクション「京都宵」
    出版社
    データ・ベース
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する

    セーフモード