乙嫁語り 6巻

森薫

682円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英国人スミスと案内人アリが、アンカラへの旅を続ける頃、アミルの兄・アゼルは苦悩していた。生き残るために、カルルクの村を略奪すると決めた親族たち。その背後には、つぶし合いを狙うロシアの思惑が見え隠れする。一族への忠誠心と、妹アミルへの愛情、ふたつの板挟みのなかで、アゼルが決めた「正しい選択」とは……?前巻までのラブ・コメディーから一転、全編に渡ってアクション描写が冴え渡る、戦闘群像の『乙嫁語り』第6巻!

    続きを読む
    • 乙嫁語り 全 12 巻

      未購入巻をまとめて購入

      乙嫁語り 全 12 巻

      8,228円(税込)
      82pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.5
    76
    5
    45
    4
    25
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/05Posted by ブクログ

      前巻までは(少し不穏な空気もありつつ)平和な話が続いてたけど,ついに戦争が勃発か…。
      戦争…といっても一日で終わる戦闘なのだが,アミルの12歳の夫カルルクにも危険が迫る。そしてアミルの実家の兄と父は…...

      続きを読む
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      19世紀中央アジアを舞台とした結婚物語の漫画第6巻です。
      アミルがカルルクを頼れる夫として認めた矢先に、部族の争いが起こります。
      穏やかさと激しさ、個人と集団の描写が織り交ざる一冊。
      7巻にも期待し...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/01/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード