原罪の庭 建築探偵桜井京介の事件簿

篠田真由美

806円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ガラスの柩を思わせる巨大な温室の中で惨殺された病院長一家。その血塗られた密室に置かれたチェストで、天使のようにまどろむ7歳の少年。ただ一人生き残った彼は、しかし言葉を失っていた。闇に閉ざされた魂を救うため、最大の謎「薬師寺家事件」に挑む桜井京介。建築探偵シリーズ第一部の掉尾を飾る傑作。(講談社文庫)

    続きを読む
    • 建築探偵桜井京介の事件簿 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      建築探偵桜井京介の事件簿 全 15 巻

      13,760円(税込)
      137pt獲得

    レビュー

    • 2007/01/24Posted by ブクログ

      これまで読んできた篠田先生の「桜井京介」シリーズの中では異色で、私にとって今の所一番の作品になりました。

      とにかく、印象的で心掴まれる言葉が散りばめられていて最後までどんな結末が待っているのか分から...

      続きを読む
    • 2012/04/06Posted by ブクログ

      建築探偵桜井京介シリーズの5作目です。
      今回はいろいろ謎だった蒼の話。
      桜井京介と蒼が出会った事件です。
      建築探偵シリーズということですから、
      今度の建築は・・・敢えて言うなら温室でしょうか。
      事件の...

      続きを読む
    • 2010/03/11Posted by ブクログ

      今回は重要なキャラ「蒼」の過去がわかります。
      前作「灰色の砦」の3ヵ月後の設定で、
      自分を責めるあまり、病んだ状態にあった京介が
      復活するきっかけになった3年前の薬師寺一家惨殺事件。
      温室で惨殺死体と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード