【完結済み】未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿

建築探偵桜井京介の事件簿

完結

篠田真由美

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    京介を訪ねた古風な美少女の依頼は“閉ざされたパティオ”を持つ別荘の鑑定と主である祖父の死の謎を解くことだった。少女の一族を巻き込む不可解な事故死、そして自殺未遂。事件はすべて別荘をめぐって起きた。ミステリアスな建築造形に秘められた真実を、京介が追う!

    続きを読む
    提供開始日
    2012/09/21
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 建築探偵桜井京介の事件簿 全 15 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      建築探偵桜井京介の事件簿 全 15 巻

      12,617円(税込)
      126pt獲得

    レビュー

    • 2007/01/24Posted by ブクログ

      これまで読んできた篠田先生の「桜井京介」シリーズの中では異色で、私にとって今の所一番の作品になりました。

      とにかく、印象的で心掴まれる言葉が散りばめられていて最後までどんな結末が待っているのか分から...

      続きを読む
    • 2010/03/09Posted by ブクログ

      シリーズ第4作。
      いつもなら蒼君目線で語られるけど、今回の語り手は深春です。
      1995年の大晦日。
      京介の涙を見た事があるという深春は、蒼にせがまれ記憶の扉を開く。

      19歳だった7年前の12月。
      ...

      続きを読む
    • 2012/04/06Posted by ブクログ

      建築探偵桜井京介シリーズ(長編の)7作目です。
      舞台となった建築はルネッサンス期のヴィラ、
      ラグーナに浮かぶ小島の1つに建つ15世紀の建築です。

      今回京介と神代教授はヴェネツィアにやって来ます。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード