【最新刊】第七女子会彷徨 (10)【特典ペーパー付き】

第七女子会彷徨

無料あり

11冊

つばな

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    8年間に及んだ連載―― とうとう完結の日がやってきました……。金やんと高木さんはごく普通の女子高生。でも彼女たちが暮らす世界は私たちの世界とは微妙に異なっていて、奇妙で奇天烈でSFでファンタジーな出来事がごく日常的に展開されている。例えば亡くなったクラスメイトはデジタルデータとしてデジタル天国で存在し続ける。友達選定制度によって入学と同時に友達を学校によって決められてしまう。それを不思議とも思わずに彼女たちの日常は続く――…。第17回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。

    続きを読む
    ページ数
    200ページ
    提供開始日
    2016/07/13
    連載誌/レーベル
    リュウコミックス
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    青年マンガ
    • 第七女子会彷徨 全 8 巻

      未購入巻をまとめて購入

      第七女子会彷徨 全 8 巻

      4,698円(税込)
      46pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.8
    76
    5
    18
    4
    33
    3
    23
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      背筋がぞっとするほど怖くなったり、不安になったり。
      いつも各話の英語のサブタイトルも楽しみ。物語を読んだあとにもう一度確認したりする。
      タイトルのつけ方が森博嗣っぽい。

    • 2018/10/27Posted by ブクログ

      読んでいて、すごく恐ろしく思える話があって、それが淡々と終わるから、さらに恐ろしさ倍増で、つばにゃんすごい。

    • 2017/10/04Posted by ブクログ

      それでも町は廻っているでお馴染みの
      石黒正数先生の元アシスタントだけあって絵の雰囲気がそっくり。
      雰囲気もそれ町のSFパートのみを集めた感じ。
      内容は藤子不二雄SF短編集+Y氏の隣人と思えば大体合って...

      続きを読む
    開く

    セーフモード