カラスと書き物机はなぜ似てる?

小池田マヤ

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    「女と猫は呼ばない時にやってくる」「老いた鷲でも若い鳥より優れている」「鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」に続くシリーズ第4弾。東京・高円寺にあるお酒とサラダの店「呟木」に集う女性客の一人、新上さんは幼稚園児の母。食べることが大好きなのに、呟木に通っていることをママ友に責められる。母になったら、ひとりで外食せず、いつも子供と食事をしなくてはいけないのか――― 物言わぬ世間の常識に苦しむ新上さん。はたして、新上さんの決断は――――!?

    続きを読む
    • 女と猫シリーズ 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      女と猫シリーズ 全 6 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード