【最新刊】仕事は狼ではなく森へは逃げない (下)

女と猫シリーズ
6冊

小池田マヤ

864円(税込)
ポイント 8pt

「女と猫は呼ばない時にやってくる」シリーズ第5弾・下巻。東京・高円寺にあるお酒とサラダの店「呟木」のオーナーシェフ、銀さんは片想いをしていたヒラリーと一晩を過ごすもヒラリーの態度は冷たい。仕事も花を使ったウエディング・メニューを考案するが、うまくいかない。一方、ヒラリーも元カレの転勤で自分の上司として一緒に働くことになり、辛い日々が続く。ふたりを待つ未来は――――。4月・5月連続発売。

続きを読む
  • 女と猫シリーズ 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    女と猫シリーズ 全 6 巻

    5,184円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.2
8
5
2
4
6
3
0
2
0
1
0
  • ネタバレ
    2018/12/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/05/07Posted by ブクログ

    女と猫シリーズ第6弾は完結巻。まさか銀さんと小鳥遊さん、そう来たか、という展開から、小鳥遊さんのうふふふに刺激されたかのようで、ヒラリーは、銀さんのお料理には働く女子への癒しがある、と思い起こし、九さ...

    続きを読む
  • 2018/05/07Posted by ブクログ

    女と猫シリーズ第五弾は銀さんが主人公。ヒラリーへの思いを募らせる銀さんの独り言シーンに、なぜか居合わせてしまう清水さん。泥酔した九さんの代わりに携帯を探しに来て、「当然だろ惚れてる女なんだから なんで...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード