【最新刊】愛の探偵たち

愛の探偵たち

アガサ・クリスティー 翻訳:宇佐川晶子

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    雪に閉ざされたゲストハウスに電話が。ロンドンで起きた殺人事件の関係で警察が向かっているという。やがて刑事がやってきて……マザー・グースの調べにのって起こる連続殺人劇、戯曲「ねずみとり」の原作を始め、ポアロ、ミス・マープル、クィンら名探偵たちの推理がきらめく珠玉の短篇集。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/08/03
    連載誌/レーベル
    クリスティー文庫
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2009/10/23Posted by ブクログ

      『三匹の盲目のねずみ』
      始めたばかりなゲストハウス。ロンドンでの女性殺人事件。ゲストハウスでの死。過去の虐待死と事件の関係。事件の捜査に現れた部長刑事の秘密。『ねずみとり』の原作。

      『奇妙な冗談』 ...

      続きを読む
    • 2020/01/11Posted by ブクログ

      「三匹の盲目のねずみ」(1950) 今日が初日というゲストハウスに、ロンドンで起きた殺人事件の犯人がそちらに行く可能性があり、警察官が警護のため向かうという電話が入る。、犯人は「三匹のめくらねずみ」を...

      続きを読む
    • 2013/03/27Posted by ブクログ

      「ねずみとり」原作と、マープル、ポアロ、ハーリ・クィンの短編。

      舞台「マウストラップ」を観た後に読んだ。舞台では表情から読み取るしかない心情の部分が、地の文で説明されるのでわかりやすいし、戯曲版では...

      続きを読む
    開く

    セーフモード