夢の雫、黄金の鳥籠 11巻

篠原千絵

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

愛は移り気… 時に愛しいものさえ、牙を剥く 自分の産んだ一人目の皇子・メフメトを遠ざけようとするイブラヒムを目の当たりにして、後宮(ハレム)でのより強い権力を得るため、二人目の皇子・セリムを産んだヒュッレム。そこにはセリムを次期皇帝の座につけ、メフメトをも守ろうとするヒュッレムの思惑があった。一方、イブラヒムと共に、ハンガリーへの遠征を計画していた皇帝・スレイマンは、宰相たちを集め、軍備を整えるよう命じる。そしてその場には、思わぬ人物が――…!? 本格ロマン・サーガ、第11巻!! そして、少女まんが界のレジェンド「天は赤い河のほとり」復活! 今、明かされるカイル皇子の弟・ザナンザの切ない恋のエピソード、新作番外編も収録。

続きを読む
  • 夢の雫、黄金の鳥籠 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夢の雫、黄金の鳥籠 全 15 巻

    6,930円(税込)
    69pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(2件)
  • 2018/06/17Posted by ブクログ

    ここへ来ても、惰性で読んでいる。

    ハレム内の話が中心になるから仕方ないのかもしれないけど、やっぱり男性が出てこないと面白くないね。
    スレイマン好きなのに、もうずっと蚊帳の外で絡んでくれないからつまら...

    続きを読む
  • 2018/04/15Posted by ブクログ

    狩りの練習でヒョウを追う皇子たち。敵対する妻妾を殺さないからとヒュッレムをなめてかかった女官に下された裁断。そして、アルヴィーゼ・グリッティの帰還。客人としてハディジエに引き合わせるイブラヒム。最愛の...

    続きを読む