夢の雫、黄金の鳥籠 10巻

篠原千絵

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

オスマン帝国の皇帝・スレイマンの後宮で、ついにヒュッレムは寵姫(ハセキ)という妾の最高位にまでのぼりつめる。それでもなお、ヒュッレムの産んだ一人目の王子・メフメトを認めようとしないヒュッレムの後見・大宰相イブラヒム。それは、ヒュッレムとイブラヒムがたった一夜を共にすごした過ちから“皇子・メフメトは、スレイマン様の御子ではないかもしれない…”という疑念をもったことが原因であった。それを知ったヒュッレムは後宮でのより強い権力を得るため、二人目の皇子を懐妊する。一方、スレイマンはイブラヒムと共に欧州遠征の計画を練り始めるが…!?

続きを読む
  • 夢の雫、黄金の鳥籠 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夢の雫、黄金の鳥籠 全 15 巻

    6,930円(税込)
    69pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(5件)
  • 2020/08/02

    王子もふえて 今後の後継者争いにはらはらします

  • ネタバレ
    2018/04/07Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/11/25Posted by ブクログ

    ヒュッレムとイブラヒム、ヒュッレムとスレイマン、イブラヒムとスレイマン、それぞれの思惑がありつつ、どれも不安定さがあって、どこかしっくり収まってくれれば良いのにと思う。

    10巻でここまでの進み具合で...

    続きを読む
開く