夢の雫、黄金の鳥籠 1巻

篠原千絵

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

16世紀初頭、北の寒村・ルテニアからさらわれた少女・アレクサンドラ。遠く海を越え、奴隷として売られることになった少女が出逢ったのは、ギリシャの商人を名乗るマテウスという青年。マテウスに買われ、彼の屋敷に連れていかれたアレクサンドラ。そして、彼女が彼によって教育を施されて向かった先は大帝国・オスマントルコの中枢、イスタンブル。「ヒュッレム」という名を与えられた彼女が「献上」されたのは、オスマントルコ皇帝・スレイマン1世だった――。

続きを読む
  • 夢の雫、黄金の鳥籠 全 14 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夢の雫、黄金の鳥籠 全 14 巻

    6,468円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • ネタバレ
    2020/07/10Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    あぁーっ!もうっ!!好きっっ!!!!
    『天は赤い河のほとり』から篠原千絵さんを好きになったからか、余計に好き。
    篠原さんのこういうのがずっと読みたかったのよーっ!ってなります。

    舞台となるのは16世...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    『天は赤い河のほとり』以来、連載では久しぶりの歴史もの。
    天河大好きでトルコ大好きな私としては、16世紀オスマン帝国が舞台ということで、かなり期待しながら読んだ。
    登場人物(特に男性)は相変わらず生き...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000070218","price":"462"}]

セーフモード