【最新刊】夢の雫、黄金の鳥籠 14巻

夢の雫、黄金の鳥籠

篠原千絵

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

かつて愛したひとは、今は敵―― かつて遠い北の国から連れ去られ、オスマン帝国皇帝・スレイマンの後宮(ハレム)に献上されたヒュッレム。その存在は今や後宮でも影響力のある「寵妃(ハセキ)」という地位にまで 上りつめていた。けれど、そのことに危機感を持つ皇帝の忠臣・イブラヒムとの対立は 次期皇帝の後継者をめぐり、日ごとに緊張感を増していく。そして…かつて愛したイブラヒムとの対立はとあることで明確になり…?

続きを読む
ページ数
189ページ
提供開始日
2020/07/08
連載誌/レーベル
プチコミック
出版社
小学館
ジャンル
少女マンガ
  • 夢の雫、黄金の鳥籠 全 14 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夢の雫、黄金の鳥籠 全 14 巻

    6,468円(税込)
    64pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2011/09/10Posted by ブクログ

    あぁーっ!もうっ!!好きっっ!!!!
    『天は赤い河のほとり』から篠原千絵さんを好きになったからか、余計に好き。
    篠原さんのこういうのがずっと読みたかったのよーっ!ってなります。

    舞台となるのは16世...

    続きを読む
  • 2011/10/06Posted by ブクログ

    『天は赤い河のほとり』以来、連載では久しぶりの歴史もの。
    天河大好きでトルコ大好きな私としては、16世紀オスマン帝国が舞台ということで、かなり期待しながら読んだ。
    登場人物(特に男性)は相変わらず生き...

    続きを読む
  • 2012/07/27Posted by ブクログ

    わぁああ面白いぞぉぉおおお!!!

    篠原さんの漫画は、海の闇月の影とか、闇のパープルアイとか、好きな、思い入れのある作品はたくさんあるけど、ここまで、「面白い!!!!」と思ったのは初めてかも。

    やっ...

    続きを読む
開く

セーフモード