【最新刊】最終退行 お試し特別版

最終退行

無料あり

池井戸潤

0円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    序章+第1章が読めるお試し特別版!「負け組」と言われる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。一方、バブル期の経営責任もとらず、公的資金に頼りながら、なおも会長として院政を敷く元頭取を陥れようと策謀を巡らすリストラに遭った行員。その攻防から銀行ぐるみの不正の匂いをかぎつけた副支店長は、組織に反旗を翻す。攻守ところを変えるスリリングなドラマから現代サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/27
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    • 2019/09/29Posted by ブクログ

      池井戸潤を続けて読みたくなって2004年頃の発刊の作品ですが、つい買ってしまいました。
      大手都市銀行で副支店長を務める蓮沼鶏二40歳が主人公。ずっと地道に銀行員として勤めてきたが、取引先への貸し剝がし...

      続きを読む
    • 2013/12/21Posted by ブクログ

      第2次世界大戦終結間近に、旧日本軍が陸軍再興のためにと隠したM資金の行方とは。このM資金を巡って、引き起こされる絡繰りとは。主人公は、日々銀行業務に翻弄されながらも、支店長にいいように使われる銀行副支...

      続きを読む
    • 2013/08/04Posted by ブクログ

      2000年代初頭辺り、或いは最近でも大きな枠組みや流れは変わっていないかもしれない、「永い期間で培われたモノをグチャグチャにしてしまっている」ような事態、その渦中で「俺の人生?」という想いを抱く人々…...

      続きを読む
    開く

    セーフモード