第二次世界大戦 (4)

W・S・チャーチル 翻訳:佐藤亮一

990円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    第二次世界大戦は、連合国側による反抗へと戦局が転換していた。ドイツ、イタリア、日本は守勢にまわり始め、スターリングラードの攻防戦で形勢は完全に逆転した。シシリー征服からイタリア進攻、テヘラン会談。そして一九四四年六月六日、ついに史上最大の作戦「ノルマンディー上陸」が開始された。翌年五月、チャーチルはドイツの無条件降伏を発表した。

    続きを読む
    • 第二次世界大戦 全 4 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      第二次世界大戦 全 4 冊

      3,960円(税込)
      39pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(10件)
    • 2015/06/21

      第3巻でのアラメイン、スターリングラードが第二次世界大戦の転機だったとすればそれを決定付けたのがオーバーロード作戦、ノルマンディー上陸だ。独ソ開戦以来ソビエトが求め続けた西ヨーロッパでの第二戦線に対し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/10/17

      シチリア島侵攻から戦後1957年現在まで
      戦争勝利への努力に代わって戦後体制への様々な取り組みは
      現在へと直接つづいているだけに、その業績を評価することは現在難しい。
      現在において著者が英国史において...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/12/29

      1943/11/22-27 カイロ会談 米、英、中
      1943/11/28-12/1 テヘラン会談 米、英、ソ
      1944/9/12-16 第二回ケベック会談 米、英
      1945/2/4-11 ヤルタ会談 ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード