【最新刊】赤の世界

赤の世界

びっけ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

20××年、夏。遥か昔の陰謀が、前途ある少年たちを翻弄する「赤の世界」。戦争が引き裂いた二人の仲。変わらぬ“声”で運命に抗おうとする「朗読時間」。少年と鳩のまっすぐな思いが、戦時の空を駆け抜ける「鳩の翼」。命を懸けなければ叶うことはない、究極の愛の形を描く「掌の花」。――時代を超えた4つのストーリーが一つにつながった時、感動がこみ上げてくる珠玉の連作短編集。

続きを読む
ページ数
171ページ
提供開始日
2012/07/27
連載誌/レーベル
BE・LOVE
出版社
講談社
ジャンル
少女マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2016/02/01Posted by ブクログ

    「今だからこそ読みたい、近しい世界の物語」

    少し不安を誘うような赤い表紙をめくると、そこには4つの短編が収められています。「とある戦争がもたらしたもの」が共通の題材となっていますが陰惨ではなく、じわ...

    続きを読む
  • 2011/08/10Posted by ブクログ

    戦争をテーマにした短編集。
    どの話もそれぞれ繋がっていて、読み返すと新たな発見があって読みごたえがある。
    2作目の話がいちばん気に入った。
    レグルスはどちらの子供だったのか気になる・・・
    4作目も悲恋...

    続きを読む
  • 2011/10/17Posted by ブクログ

    一つの戦争にまつわる、様々な時代や人の短編集。やっぱり、この作者さんの描く表情や人物はいい。綺麗な絵なのに(だからこそ? )、心をえぐり取られる感じがいい。一通り読み終えて表紙を見直すと、ぞっとくるも...

    続きを読む
開く

セーフモード