天地明察 3巻

漫画:槇えびし 原作:冲方丁

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

異才、冲方丁(うぶかたとう)初の時代小説にして、数々の賞を受賞したベストセラーを実力派絵師・槇(まき)えびしが爽快に描く新感覚時代漫画!算術の達人、関に誤問を出してしまった春海は傷心のまま“北極出地”へと旅立つ。だが観測隊を率いる建部と伊藤という、算術を愛する2人の老人に出会ったことがこの旅を幸福なものに変えてゆく――。映画も今秋公開、天文イヤーに放つ第3巻!

続きを読む
  • 天地明察 全 9 巻

    未購入巻をまとめて購入

    天地明察 全 9 巻

    4,536円(税込)
    45pt獲得

レビュー

4.3
22
5
11
4
8
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/09/13Posted by ブクログ

    建部、伊藤、渋川トリオ。なんだかいいわ〜年輩2人が若い渋川を育て、導き、そして託していくさま。なんだか泣ける。ところで、この頃って天動説だったっけ?お天道さまと同じように星が廻っているって書いてあった...

    続きを読む
  • 2014/01/14Posted by ブクログ

    冲方丁(うぶかた とう)さんの天地明察がコミックになっているのを知り、早速読んでみた。
    勢いで4巻まで読了してしまい、味わうように再読しつつ、順番にレビューなどナド。


    第3巻は、北極出地へ出発し、...

    続きを読む
  • 2013/12/02Posted by ブクログ

    いやー,泣きました。算哲くんが,もう一度関さんに向き合おうと思えたことがとても嬉しかったです。そして北極出地もとても興味深かった。いまの暦や天体技術があるのも,こうした昔の人々の努力や積み重ねがあって...

    続きを読む
開く

セーフモード