兵馬の旗 5巻

画:かわぐちかいじ 作:惠谷治

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

奥羽列藩同盟結成直前、仙台藩に向かった兵馬が出会ったのは、「共和政事」という理念!!そして、パリに残された妻アンナは、兵馬と日本への思いを大きくして…!?

続きを読む
  • 兵馬の旗 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    兵馬の旗 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得

レビュー

  • 2013/04/13Posted by ブクログ

    この妻にして、この夫あり。という、幕末と近代ヨーロッパでの男女の出会いから日本の未来を見る。というか、この夫婦巡り会うべくして巡り会ったという感じで、似たもの先端思想夫婦ということなんでしょうかね。今...

    続きを読む
  • 2013/01/21Posted by ブクログ

    世良のような人物を、抵抗が予想される奥羽の最前線に送らなければならない新政府軍の人材の乏しさ。
    戊辰戦争にいたるまでの月日で、新政府側にしても幕府側にしても、有為の人物失われ続けた結果ということでしょ...

    続きを読む

セーフモード