【完結済み】兵馬の旗 1巻

兵馬の旗

完結

10冊

かわぐちかいじ 協力:惠谷治

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

時は幕末。旗本の家に生まれた宇津木兵馬は、ロシアに留学もした若き幕軍の将校。兵馬は留学先でロシア人女性と恋に落ち、子供を授かる。一方、薩摩の島田新八郎も同時期にロシアに留学、彼の地で兵馬と友情を結び、その時代としては破天荒とも言える兵馬の恋愛に理解を示し援助していた。だが戊辰戦争が勃発、2人は帰国後理想を異にし、戦う運命に…。幕末という時代に生きた人々の心の在り方を、巨大な構図のもとに描き出す巨編開幕!

続きを読む
ページ数
210ページ
提供開始日
2012/05/25
連載誌/レーベル
ビッグコミック
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 兵馬の旗 全 10 巻

    未購入巻をまとめて購入

    兵馬の旗 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得

レビュー

3.5
17
5
1
4
7
3
9
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/08/30Posted by ブクログ

    大きく戊辰戦争について、徳川方からの目線で描かれている。主君に忠義を尽くす武士をどこまでも貫いていくのか、それとも新しい世の中を造りだしていくのか。時代が大きくかわるタイミングでは、これまでの考え方や...

    続きを読む
  • 2016/09/09Posted by ブクログ

    戊辰戦争終幕。
    敗軍が歴史に何を残したのか、ということを兵馬通して書きたかったのかな、と思います。敗軍・賊軍のイメージとして、時代を逆行させる存在というのがありますが、そうではないよと。
    勝者がいて敗...

    続きを読む
  • 2015/03/03Posted by ブクログ

    舞台は蝦夷へ。

    蝦夷地到着早々に、アドバンテージであった海軍力を失うという大失態。
    冬を越すことが出来れば、時代は変わっていたかもしれないけれど、それも全て海軍力というアドバンテージあってこそ。前途...

    続きを読む
開く

セーフモード