誤飲

仙川環

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    医療ミステリー第一人者仙川環初の連作小説医療ミステリーの第一人者である仙川環氏の初となる短編連作小説が登場!『STORYBOX』誌で連載した同名作品7話と、連載では読めなかった文庫書き下ろしの最終章を加えた新しい試みの作品。著者の大ヒット文庫作品『感染』『繁殖』『転生』『再発』『潜伏』に続く話題騒然必至の力作。連作のテーマは、身近にある「薬」。風邪薬、ピル、向精神薬、花粉症治療薬……。正しく使えば問題ないこれらの薬を巡り、8組の男女が織りなす黒い人間模様を活写。登場するのは、リッチな医療カウンセラー、失業中のDV夫、美貌の女性カウンセラー、さえない精神科医……。日常に潜む悪意と偶然に翻弄され、ごく普通の家庭、人間関係が崩壊していく恐怖をスピード感溢れる筆致で描いています。仙川環ファンにはたまらない、ひりひりする読後感に快感を味わってください。

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    22
    5
    1
    4
    7
    3
    10
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2012/02/13Posted by ブクログ

      これは面白かった! この人の小説の中で一番面白かったね。
      正直ストーリーがマンネリしつつあったけど、こんな書き方もできるんだなっと感心した。

    • 2018/11/16Posted by ブクログ

      「薬」を軸とした人間模様の医療ミステリー。

      第一章 藤本洋文
      第二章 小野恭子
      第三章 木島博人
      第四章 林崎洋子
      第五章 松原延彦
      第六章 沢村亜美
      第七章 小野厚之
      第八章 三田...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/03/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000065810","price":"627"}]

    セーフモード