オリンポスの咎人 ギデオン

ジーナ・ショウォルター 翻訳:仁嶋いずる

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    遥か昔より、ブダペストの町には天使とも悪魔ともささやかれる美しい男たちがいた――それはギリシャの神々に呪いをかけられ、心に魔物を閉じ込められた不死身の戦士たち。その中のひとり“嘘”の魔物を宿すギデオンは、仲間が捕らえた女スカーレットに妙な懐かしさをおぼえていた。すると彼女はかつてギデオンの妻だったと告げ、彼は衝撃を受ける。結婚していたことどころか、彼女のことさえまったく記憶にないのだ。ギデオンはそれ以上の説明を拒むスカーレットから真実を引き出そうと決意する。彼女を誘惑し、快楽の虜にして。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/03Posted by ブクログ

      常に真実とは違うことを言わなければならない彼。真実を口にすると、体を酸が焼き苦痛にのたうち回るという優しい彼の悲しい定め。彼のもとに妻だと名乗る女性スカーレットが現れ、自分に記憶がないことを不思議に思...

      続きを読む

    セーフモード