【完結済み】花宵道中 1巻

花宵道中
完結6冊

斉木久美子 原作:宮木あや子

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

江戸時代後期、幕府唯一公認の遊廓だった吉原。小見世・山田屋の遊女・朝霧は、美形の職人・半次郎と出会い、生まれて初めて恋をする。しかし、ふたりの再会は、遊女と客としてだった――。女性らしく鮮やかな官能描写が話題を集めた同名小説を、斉木久美子が瑞々しいタッチで完全ビジュアル化。遊女たちの切なくも華麗な恋物語が幕を開ける!

続きを読む
  • 花宵道中 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    花宵道中 全 6 巻

    2,592円(税込)
    25pt獲得

レビュー

4.3
58
5
29
4
24
3
4
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/12Posted by ブクログ

    最終巻。決して死なないという信念の元、年季が明けて大門をくぐる姿に胸がすくような思いがした。理不尽な世界は現代にもあるけれど、それでも頭をしっかり上げて生きていこう。

  • 2018/10/12Posted by ブクログ

    苦界に沈む吉原遊女達の切ない恋。誰に抱かれようとも心は一人だけのもの。そう信じなければ生きていけない。

  • 2017/04/20Posted by ブクログ

    電子無料。美しい。けどやっぱり花魁が見分けられない…。廓の話はどれも切ないなあ。。茜の初見せの相手はあの人で良かったなあ。

開く

セーフモード