【最新刊】そして誰もいなくなった

そして誰もいなくなった

アガサ・クリスティー 翻訳:青木久惠

680円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作!

    続きを読む
    提供開始日
    2012/05/04
    連載誌/レーベル
    クリスティー文庫
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2010/11/30Posted by ブクログ

      今から122年前の1890年9月15日、われらがアガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティはイギリスで生を受けて、1920年のデビューから36年前の1976年に85歳で亡くなるまでの56年間ものあいだ、ミ...

      続きを読む
    • 2014/07/24Posted by ブクログ

      ミステリの女王、アガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を読了。ミステリを読まない方でも名前くらいは知っているだろう。
      『東西ミステリーベスト100』の海外編では1位に選ばれている。

      1番最初...

      続きを読む
    • 2020/05/13Posted by ブクログ

      青春をニコ動と共に過ごした人達、特に東方projectと呼ばれる作品を知っている人達なら、まず聞いたことがあるであろうこのタイトル

      『そして誰もいなくなった』

      僕も例に漏れず、その1人だ。
      なんだ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード